本文へ移動

活動の様子

そのほか

ファミサポ研修会(子育てサポーター・ボランティア養成講座 兼)

2019-10-25
「感染症を予防しましょう」~嘔吐物の処理~
感染症が流行り始めるこの時期に、予防策や、広げない為の適切な処理について
済生会江津総合病院 感染管理認定看護師の 恒松 愛 さんにお話をしていただきました。
子育て中のママたち7名とサポーター3名を含み、合計11組の方が参加下さいました。
今回は、「嘔吐物の処理」の仕方を疑似吐物を使い、処理する者の準備、使う道具、掃除・洗濯の仕方など、体験しながら教えて頂きました。
実際に子育て中でもある恒松看護師の体験を含みながらのお話は、参加者にとって、とてもわかりやすく、興味深いものでした。
参加者の感想には
●「時期的にまさにこれから使える内容で、この冬慌てず対応できるようにしたいです」
●「嘔吐物のしょりの仕方について実演もあり、とてもよくわかりました。ビニール袋で作るエプロンは家でも作れます!」
●「子どもが生まれた時から気になっていた事だったので、とても勉強になりました。事前に準備しておこうと思いました」
などの声を頂き、この研修を早速活かしていただけそうです。
常松 愛 看護師
ビニール袋でエプロン作成中
ママも体験してみました
【住所】
〒695-0011
江津市江津町1518-1
パレットごうつ内 
【TEL・FAX】
0855-52-0569
【利用時間】
9:00~17:00
【休館日】
毎週木曜日、祝
TOPへ戻る