本文へ移動

赤ちゃん登校日

【30年度 赤ちゃん登校日 日程】 (津宮小学校)

第1回 事前授業
2018-09-04

9月4日(火)、平成30年度津宮小学校の赤ちゃん登校日が始まりました。


2学期早々の赤ちゃん登校日ということで、暑さ対策のために地場産業振興センターを会場に予定していましたが、台風21号の影響を考え、急遽会場を津宮小学校体育館に、そして開始時間も午前10:30~に変更して行うことになりました。

今年の5年生は52名ですが、欠席等により今日は50名で事前学習を行いました。 子ども達はすでに昨年度のコミュニケーション講座で、高塚先生の授業を受けていますが、今年は赤ちゃん親子との出会いを控えているためか、緊張した表情で授業が始まりました。
初めに小笠原教育長、校長先生のご挨拶をいただいた後、高塚先生の授業がスタートです。

まず、高塚先生が改めて自己紹介、赤ちゃん登校日の意義やねらいについて話をされました。初めて出会う赤ちゃん親子との出会いを前に、

赤ちゃん登校日とは、

①抱っこ体験ではなく、人間関係の構築をねらいにしていること

②コミュニケーションの必要性や大切さを、体験を通して学ぶこと

③人とかかわる時の基本的なマナーや、人として大切な心構えを学ぶ

学習であることを確認しました。

そして、かかわり体験の基本を学ぶ体験学習が始まりました。

1.「人はそれぞれ」
(1)「○・△・□・―」
  先生の指示を聞いて活動しますが、その時守る約束3つを確認します。

「質問しない」 「他人に聞かない」 「他人の絵を見ない」

確認が終わると指示に従って一斉に描きます。参観の方も描いてみます。 
描き終わったら互いに紙を見合い、自分との違いに思わず苦笑いする子ども達。
インタビューすると「ひとり一人みんな違っている」という言葉が出ます。

このことから、
   同じ言葉を「聞いても」、紙に描く絵はひとり一人違う。
   人はひとり一人考えや受け止めが違う
   人は思い込みの中で描いている
ことを学びました。
 
 

(2)だまし絵「老女と少女」「エスキモーとインディアン」
提示された絵は何の絵ですか?「少女」 「老女」 「両方見える」、
この絵は?  「インディアン」、
「人が見えますか?」 「・・・・・」
この活動から、
   同じ絵を「見ても」、人によって見え方・感じ方が違う
   人はひとり一人感じ方や受け止めが違う
ことに気がつきます。
 
2つの活動を通して、
『人は十人十色』
人は同じことを聴いたり同じものを見たりしても、受け止めや感じ方はひとり一人違う。
   違いのある人の間で生きているのが【人間】
   他人と気持ちよく過ごすためにはコミュニケーションが大切
ということを学びました。
 
さらに、コミュニケーションとは

○「1+1=3」になること
○お互いの気持ちをわかりあい、理解しあうこと
を確認しました。
 
 
 では、違いのある中、立場が違う中で少しでも人と良い関係を持つためには、どんなことに気をつけたらよいのでしょうか。次はそのことを、活動を通して学びます。
 
 
①【関心を持つ】
【活動1】「コインの図柄」:【1円玉】の「表」「裏」を描いてみよう
  身近なコインでも図柄が描けないのはなぜでしょう
  
◎活動を通して、関心をもっているようで関心がもてていない自分に気がつき、改めて明日出会う赤ちゃんにも関心をもつとはどうすることかを考えました。
 
②【みる】
【活動2】「グー・チョキ・パー」:変化をよく見て
  <関心をもつ>と相手がよく見える。いろいろな変化に気づくことができる。
◎赤ちゃんやお父さんお母さんの表情や変化をよく見ることで、相手の気持ちを理解する大切さを学びました。
 
③【きく】
【活動3】「話を聞かないおじさん」  
   どうしたら話し手が話したくなるだろう
  話を聴くとき、どうしたら相手が話したいと思うだろう 
 
◎相手が話したいと思えるためには、相手に関心を向け、目を見て、体を向けて聴くことが大切であること。話を聞いてくれる人がいるから話せることを学びました。
 
④「あいさつ」
【活動4】正座・座礼・語先後礼
◎あいさつは、お迎えしたり、出会ったときの喜びや気持ちを言葉で伝えるもの。そこで気持ちを伝えるためには、形に表して伝えることが大切であることを学びました。 
 

⑤赤ちゃんを抱く時の注意他
【活動5】保健師の方の指導により、赤ちゃんを抱っこする時の注意を教えてもらいます。
2人の子ども達が代表して、市の保健師さんから指導を受けました。
 
 

最後に爪の確認や髪の毛の処理、エプロン名札等、身なりの注意を受けて授業が終了しました。
 
明日の初めて出会う赤ちゃん親子。どんな赤ちゃんかな?
楽しみにしながら今日の授業が終わりました。
 
 

◆<一般参観者の感想から>
•コミュニケーションについて小学校で学ぶ機会があることを伺い、驚きでいっぱいでしたが、子ども達の純粋さが良くて、見ている側も良い気持ちになりました。〈会社員〉

•津宮小の生徒の聴く姿勢に関心しました。また、高塚先生の伝える力、着眼点にも感銘を受け、今後の諸活動に活かしていきたいと思いました。〈公務員〉

•聴くことの大切さや、一人ひとり違いがあることなど改めて知ることができました。〈保育関係者〉

•小学生の参加態度がすばらしかった。また、講義での内容は市民への対応に役立つものがあった(姿勢等)〈市職員〉

•3回目の参加ですが、楽しく参観させていただきました。毎年伺っているのに忘れています。また思い出させていただきました。〈地域の方〉

•各々の性格、感じ方、表現力等、違いを感じさせられました。〈地域の方〉
 
    
《文責:田中》 
【住所】
〒695-0011
江津市江津町1518-1
パレットごうつ内 
【TEL・FAX】
0855-52-0569
【利用時間】
9:00~17:00
【休館日】
毎週木曜日、祝
TOPへ戻る