本文へ移動

赤ちゃん登校日

【30年度 赤ちゃん登校日 日程】 (江津東小学校)

第1回 事前授業
2018-05-15
5月15日 江津東小学校で、今年度の赤ちゃん登校日が始まりました。
5年生児童17名による、かかわり体験に向けた「事前学習」です。
体育館には、5年生の保護者、企業関係者、地元関係者等参観者14名も来場されました。
 
13時30分、緊張した表情の5年生が体育館に入ってきました。
5年生は、昨年コミュニケーション授業で高塚先生の授業は受けていますが、今日は赤ちゃん親子とのかかわり前の授業なので、少し落ち着かない様子です。

 

江津市子育て支援課の室(むろ)課長、星野教頭先生のご挨拶の後、いよいよ授業です。

<【赤ちゃん登校日とは?】>

まずは「なぜ赤ちゃん登校日が始まった?」「ねらいは?」についてのお話。
そして、明日初めて出会うお父さんお母さんと気持ちよく関係を作っていくためには、どのように向き合い、どのように関わるかについて学びます。
スタートと同時に、食い入るように先生の話を聞く、児童の真剣なまなざしが印象的でした。やる気が感じられます。

<【気づき】の体験>「人はいろいろ」
【体験活動1】~「△・〇・□・-」、「だまし絵」~
「△・〇・□・-」を描く活動。
そして「だまし絵」を見て「人はみんないろいろ(聴き方・見え方・感じ方・考え方・価値観等々)、ひとり1人違う)ことに気づきます。
だからこそ、ちがいのある私達が人間関係を作っていくためには、コミュニケーションが必要だということを学びました。
『コミュニケーションとは1+1=3となる関係をつくること』
    (言い換えると)・・・「互いの考えや気持ちを活かしあうこと」
さらに、よりよい関係をつくるために必要な事は【関心をもつこと】
 
<「関心をもつ」とは?>
【体験活動2】~「コイン(1円玉)の大きさと図柄」~
これまで数えきれないほど手にしてきた1円玉。その大きさは?表裏の図柄は?言われて見るとなかなか描けません。
<参観者の感想より>
•自分はコミュニケーションをとれていると思っていましたが、児童を通じて、全然できていないことを学びました。児童の一生懸命さに心打たれました。(企業関係者)

•私が児童の年齢の時に、このような体験があったらよかったなぁと素直に思いました。きっと人とのかかわり方が、今よりもっと良いものになっていたんじゃないかなと思いました。(企業関係者)

•児童の皆さんが、とても集中して話を聞き、体験されていたことが素晴らしかったです。特に高塚先生が後ろにこられた時すぐに向きを変えたこと、そして何より向きを変える時、前の児童の椅子をまず直して自分の椅子を変えた姿を見て「なんて気遣いのできるお子さんだろう」と感動しました。体験して学ぶ大切さがよくわかりました。(企業関係者)
【住所】
〒695-0011
江津市江津町1518-1
パレットごうつ内 
【TEL・FAX】
0855-52-0569
【利用時間】
9:00~17:00
【休館日】
毎週木曜日、祝
TOPへ戻る