本文へ移動

赤ちゃん登校日

【30年度 赤ちゃん登校日 日程】 (江津東小学校)

第2回 赤ちゃんとの関わり1回目
2018-05-16
江津東小学校での第1回かかわり体験授業が5月16日に行われました。
当日は曇り空、雨が少し心配な朝となりました。 
 
今年も、5年生17名に対して赤ちゃん親子も17名の参加があり、1対1のペアで授業ができるようになりました。関係者一同感謝の気持ちでいっぱいです。
以下、第1回かかわり体験授業の様子を紹介します。 
 

<登校>

9時、赤ちゃん親子が登校してこられました。朝早くから準備して出発されてきたと思いますが、皆さん笑顔でやってこられました。

9時20分、5年生も入場してきました。子ども達はペアの赤ちゃんが誰か気になって仕方ありません。でもしばらくは座って待機です。
 
見学の皆さんも来場されました。今日は25名の方が参加され、関心の高さを感じます。

<あいさつ>

9時30分、いよいよスタートです。校長先生のご挨拶のあと授業が始まりました。

 

高塚先生の授業。始まりは、前日学んだ正座での語先後礼から。。。

初めて参観の方は少しびっくり。。。

<事前学習ふりかえり>

最初は、お父さんお母さん・参観者も一緒に事前学習の復習です。

「赤ちゃん登校日とは?・・・」「人はいろいろ」「人の出会いは関心を持つことから」等々

<出会い>

復習の後は、5年生と赤ちゃん親子の初めての出会いです。
5年生から探します。勇気を出して赤ちゃんの名前を呼んでペアの親子を探します。子ども達にとって、最初のコミュニケーションの場です。

 

ペアになった組から、自分達のスペースまで移動して、いよいよご対面!

<1回目のかかわりタイム>

出会いは挨拶と自己紹介から。
その後は、お父さんお母さんからのお話、特にお腹に命が宿ってから生まれるまでの気持ちや生まれた時の喜び、今の赤ちゃんへの思いや願いを伝えてもらいます。

5年生は真剣に聞いています。慣れてきたら、少しずつ笑顔も出てきました。
少し関係ができたところで、許される範囲でかかわりタイムです。
 
赤ちゃんの柔らかい手や足をそっとふれる児童、ほっぺをさわりながらあやす児童、お父さんお母さんの話を一生懸命聴く児童、中にはおそるおそる抱っこさせてもらう児童やオムツの交換をさせてもらう児童もいます。会場が少しずつ和んできました。
児童と赤ちゃんのかかわりを見ている参観者にも笑顔がこぼれます。

<感想発表>

かかわりの後は、5年生が全員前に並んで感想発表です。

 

「はじめて出会った赤ちゃんの感想は?」「かわいかったです」
「家族に伝えたいことがある?」の質問に「ありがとうと言いたいです」
高塚先生の質問に次々と応える児童たち。
どの児童も、かかわりタイムがとてもステキな時間だったようです。 
 

<2回目のかかわりタイム>
もう一度自分のスペースに戻って、2回目のかかわりタイムです。
1回目より積極的に関わるペアが増えてきました。赤ちゃんとの距離が縮まり、自分から話しかけながら覗き込む児童、我が子を児童に委ねるお父さんお母さんも増えました。笑顔で会話する姿や笑い声も聞こえるようになりました。
 

<お別れタイム>

楽しかった初めてのかかわり体験も終わりです。
最後に今日の時間を振り返って、お互いが感想を伝え合います。そしてお別れの挨拶です。

ペアごとに写真撮影した後、次回の再会を楽しみにしてお別れ。
児童たちはそれぞれ荷物を持ち、下駄箱までお見送りしました。 
 

楽しみにしていた初めての出会い。緊張と喜びの中、あっという間の90分間でした。
1対1のペアという形は、より深いかかわりが体験できる代わりに、児童にとってもお父さんお母さんにとっても大きなプレッシャーがあって大変です。しかし、こうしたかかわりの中で築かれる人間関係は、より大きな絆に変わると共に、かけがえのない思い出になると思います。
あと2回、どんな体験ができるか楽しみです。
 
 
 
<参観者の感想から>
•慣れない赤ちゃんを抱っこする姿が、見ていて怖かったが、真剣にやっていたので嬉しかった。(5年生保護者)

•人とのかかわりが希薄になっている現状で、実際に赤ちゃんとふれあい、ぬくもりを感じられる素晴らしい体験だと思いました。生徒も、笑顔でとても生き生きしているのが印象的でした。児童と赤ちゃん、児童と親御さんで「1+1=3」の人間関係を築けていると感じました。参加させていただきありがとうございました。(企業関係者)

•始まりから1時間後には、子ども達・赤ちゃん親子の表情が全く変わっていたのが印象的でした。赤ちゃんにはすごいパワーがあります。先生のお話もとてもわかりやすかったです。(5年生保護者)

•児童それぞれにステキな個性があるなぁと、赤ちゃんに触れ合っている立ち振る舞い・表情を見て感じました。自分自身「思い込む」ことが強く、それによって人間関係で苦しむことがさくさんあります。人が変わることを望み、待つのではなく、自分から少しずつ素直な心に変わっていけるようになりたいと思います。(企業関係者)

•出会ったばかりの子どもと親子が、お互いに関心を持つことで少しずつ打ち解けあう様子が、90分の中で伺えました。心を放つことでお互い心を許しあえるようになり、兄弟や親子のように距離が近づいていくグループも多く、素晴らしいことだと感じました。貴重な機会をありがとうございました。(会社員)

•初めは表情が固かった児童、お父さんお母さんも、交わりが増してくると優しい笑顔になってこられるのが印象的でした。見ている方も、優しく幸せな気持ちになりました。赤ちゃんのいない研修であれば、こんなに温かな空気にはならなかったと思います。赤ちゃんの存在が偉大だという事を再確認させられました。(企業関係者)

•ステキな時間をありがとうございました。赤ちゃんの周りには笑顔がいっぱいで、生徒の皆さんがとてもいい表情をしていました。赤ちゃんの力はすごいです。こんなステキな体験をもっと広めていけたらいいのにと思いました。(保育関係者)
 
 
 
<お父さんお母さんの感想から>
•初めの高塚先生の講義も、自分自身の日々の私生活を振り返るきっかけとなり、とても勉強になりました。小学生とのかかわりはとても楽しかったです。小学生が、我が子を「可愛い、可愛い」と言って抱っこしてくれた姿が忘れられません。改めて「この子を産んで良かった」と思えた瞬間でした。第2回、第3回が楽しみです。

•最初は「小学5年生と赤ちゃんの関わりは、まだ早いのでは?」と疑問に思いました。しかし、実際に参加してその思いが全くなくなりました。小学5年生だからこそ感じる事や思うことがあるのかな。とてもステキな事業だと思うので、是非続けてほしいです。

•初日だったので、子どもさんが緊張している感じがありましたが、お互いに話をしたり聞いたりしながら過ごせました。次回が楽しみです。子ども達が、親に対して「ありがとう」という気持ちになってくれて、子育てをしている私には嬉しく思いました。大変な事前学習を受けられて私達に真剣に向き合てくれて、大変ありがたかったです。

•消極的な子でしたが、とても一生懸命関ってもらい嬉しく思いました。抱っこの仕方もだんだん上手になられ、一緒に過ごせてよかったです。この日をとても楽しみにしていました。息子は勿論、私もこういった行事には進んで参加したいと思います。

•先生のコミュニケーションに関する授業、とても勉強になりました。改めて自分を見つめ直す機会となりました。また生徒さんが、私の想像以上に赤ちゃんと接するのがとても上手で、娘も喜びとても嬉しかったです。

•自分の子どもが、児童を見つめて微笑んでいる様子を見て嬉しくなりました。はにかみながらも一生懸命関わろうとしている姿がとても嬉しかったです。講師の方の言われることをきちんと理解し実践しようとしている感じがしました。(挨拶など・・・)あのように、かっちりと学習目的を作った形でされているのには驚きました。
 
《文責:田中》 
【住所】
〒695-0011
江津市江津町1518-1
パレットごうつ内 
【TEL・FAX】
0855-52-0569
【利用時間】
9:00~17:00
【休館日】
毎週木曜日、祝
TOPへ戻る